定治さんが行く スプラッシュ「青山」ちゃん編

  • 美しさ・謙虚さ・気配り・所作…これぞソープのお手本! でもプレイになると我を忘れ貪欲なまでに快楽を貪る性獣に喰われまくった100分間!!!
  • いやはやどうにもこうにも猛暑続きっすね定治です。こんな暑い日はお風呂屋さんでお嬢様に背中を流してもらうに限ります。んな訳でボーナス出て財布の紐が緩みがちなそこの貴方に今回もステキなお嬢様をご紹介しますですよ!
  • 今回おじゃマンするのは吉原大衆店「スプラッシュ」さん。取材当日、朝シャワーをキメて自転車でプーソースタイル事務所に着いた頃には汗だく。あーこりゃ今回も即だったとしてもシャワー浴びさせてもらおうと思いつつ各所を念入りにフキフキし、紫リステリン&歯磨きをキメて吉原に向かいます。
  • この時期の昼過ぎ……暑さがハンパねえっすね。お店に着いた頃にはふたたび汗が。スプラッシュさんでの体験取材は初めてですが、こちらのお店(建物)がスプラッシュさんになる前に何度かお伺いした事がございます。入り口から待合室に続く廊下にあるゴージャスな水槽など、初取材だけど見慣れた光景という少し不思議な感覚。先にお手洗いをお借りし、ムスコを最終フキフキ。洗面所にあるマウスウォッシュを拝借し、ゴージャスな待合室に通されます。
  • 「本日は青山さん、100分でお願いします」
  • 青山さん……お店のサイトを見てみると……ん?お一人だけ(2018年8月時点で)「ラグジュアリークラス」となっておりますが……
  • 「はい。当店在籍の中でも一押しの子となっておりまして……」
  • ままままじすか、そんな方をありがたやありがたや……
  • 「それではこちらにご記入を……」
  • スタッフさんから小さなバインダーを手渡されます。そこには「即にするかお風呂にするか」、「ベ○ド・Mットどっちが好きか」、「受け責めどっちが好きか」などを選べるようになっております。記入を終え、バインダーを返します。
  • 「間もなくのご案内となりますので……」
  • おしぼりで顔をゴシゴシ、ペーパーで上半身をフキフキしながら待つ事数分、ご案内の声が。廊下に出て階段に歩を進めると……
  • 「こんにちわ~初めまして~(ニコニコ)」
  • 満面の笑顔、しょっぱなからテンション高めな小顔お嬢様! 黒髪ロングストレート、白ブラウスに黒ミニスカートに黒ストッキング。首にはスカーフ。小顔でスラっと背が高いこともあり、まるで本物のCAさんのようです。
  • 「手を繋ぎましょ♪お部屋は三階になります♪」
  • 恋人繋ぎで一緒に階段を昇り、お部屋に向かいます。

次のページへ