2019/03/19午前9:00頃より発生致しました、サーバー不具合の影響により一部正常に稼働していないコンテンツがございます。
ソープスタイルのファンの皆様方へ大変ご迷惑おかけ致しておりますが、順次復旧に向けて全力で作業をしておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

田中しほちゃんの体験レポート

レポーター名

投稿日2018/02/27

遊んだ日2018/02/15

このお店の利用は?2回目

女の子の選び方は?フリー

お店の電話対応は?★★★★★

お店への行き方は?送迎車

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
上野駅から送迎車を利用。待合室は広く、落ち着いています。男性スタッフも運転、店舗での対応ともに満点でした。
フリーで田中さんを選択し、20分ほどでご案内。
エレベーターでの移動はあまり経験がなく、結構ドキドキしますね。
お相手の印象
小柄で色白。そして美人でした。
毎度申し訳ないのですが、芸能情報は疎いので、誰に似ているとかは思いつきません。
例えるならば、「熟女」というより「淑女」。
ご近所にお住まいのステキな若奥様といったところでしょうか?
プレイ内容
定治先生、ソープスタイル編集部の皆様、遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
いまや毎晩仕事終わりにこのサイトをチェックするのが日課になるほど、自分にとってソープスタイルはなくてはならない存在となっています。
今年もなけなしの金をはたいて(笑)吉原通いの模様をレポートできるように努力しますので、どうぞよろしくお願いします。

そして、この度は無料入浴券の発行ありがとうございます。
利用してから10日以上たってからレポートをUPするという相変わらずのダメっぷり、どうかお許しください(涙)。


さて、今回利用したのはプレジデントクラブ。
何故ここにしたのかというと、最近では明らかに自分より年下の女の子と遊ぶことがほとんどとなる年齢になってしまい、たまには年上(または同世代)のお姉さまにお相手いただくのもいいかなぁと思ったためです。
で、当日お店で出されたアルバムは2枚。その中に事前にHPでマークしていた田中さんが入っていたので、迷わず指名しました。
この日はまあまあ出勤人数が多かったはずだったのになぁ、と思っていましたが、自分がお店に到着しご案内となるまでにも、入れ替わり立ち代りお客さんが出入りしていて、2月の閑散期であることを考えても大分繁盛しているんだなと思いました。


そしていよいよご対面。
エレベーターの中には自分と同じくらいの小柄な田中さんが笑顔でお出迎え。
キレイだなぁ、というのが第一印象。
定治先生や諸先輩方のレポートから、熟女の店というイメージでしたが、目の前の田中さんはちょっと気品がある、でもお高い感じは全くない、熟女というより淑女といった感じです。(←この例えわかりますかね??)

お部屋に入ってからはまずは軽く世間話。
でも田中さんの目がまっすぐ自分を見つめていて、ちょっと恥ずかしい気持ちになります。
そうこうしているうちにお互いの唇が接近しFK。唇をつけたり離したりしているうちにだんだんとDKに移行し、田中さんの上品そうなお口を味わいながら第一Rがスタートです。
ひとしきりDKを楽しんだらフルアシストで脱衣し、

「私のも脱がせて」

との声で、自分も田中さんを下着姿にします。
赤基調の刺激的な色合いの下着もさることながら、田中さんの肌とっても色白でキレイ!
そしてブラをとると、こちらも真っ白で大きい、そして美しい果実がお目見えです。
想像以上のプロポーションを目の当たりにしてはもう我慢できません。
田中さんの唇をDKで塞ぎながら、大きなお○ぱいを鷲掴みにします。それはとっても柔らかく、でも弾力もあって素晴らしいシロモノです。
両手でモミモミしながら乳○を少しずつ触れると、田中さんからも吐息が漏れ始めます。
そのまま田中さんをベ○ドに寝かせ、自分が上から覆いかぶさります。
再びDKしながら乳○を刺激、さらに左右それぞれをたっぷり舐め回しながらスベスベの田中さんの美肌を手でまさぐります。

やがて太ももから田中さんのアソコに到達。
パンティ越しに刺激を加えると、あれ?濡れている?
ということで最後の一枚を剥ぎ取ると、なんとビックリ!
アソコは完全なる無毛地帯。パ○パンです。色白でスタイル抜群な淑女がパ○パン!
大興奮です!思わず少しの間、その美しい裸体に見とれてしまったほどです。
とはいえ見とれているだけではいけません。
顔を無毛の丘に埋め、まずは舌で一舐め、二舐め味わいます。
そして左右のトビラをゆっくりと広げると、キレイなサーモンピンクの壺が光り輝いています。
まずは壺上のお豆をペロペロ。田中さんが悦びの声を上げてくれます。そして壺からはどんどんと蜜があふれ出ます。その蜜をたっぷり味わい、さらに再び乳○を味わい、壺やお豆を右手で刺激を加えます。
どんどん蜜があふれ、ゆっくりと中指を挿○すると、躊躇なく飲み込んでくれました。
田中さんの壺の中はアツアツ、トロトロ。凄いことになっています。
もうこのまま合○してしまいたい衝動に駆られましたが、うまいタイミングで田中さんから69の申し出があり、我に帰ることができました。

体を入れ替え自分の上に田中さんが跨り、目の前に無毛の田中さんのアソコが鎮座します。
舐めようとするより早く、田中さんが自分のサ○をパクリ。ゆったりとしたペースのフ○ラで、失礼なのですが思ったほど刺激強くないじゃん、とタカをくくってしまいました。
ところがスローペースながらも的確に自分を刺激し続け、いつの間にか自分が悲鳴を上げてしまいます。
気づけば田中さんの唾液がサ○から袋、内腿を伝っていくほどネチョネチョにされてしまいます。
そして、このままではイ○ちゃう、という「2歩手前」で攻撃から開放され、田中さんがこちらに向きを変えてきました。

そして自分のサ○を掴みゆっくりと壺の中へ、ついにこんな美しい淑女と騎○位で結ばれました。
当然何もつけていません。
ゆっくりと上下運動を始める田中さん。
自分の真上には恍惚の表情の淑女と揺れる美巨乳。最高の眺めです。
自分も負けじと両手でお○ぱいを鷲掴みし、乳○を刺激して応戦します。
やがて田中さんが自分に覆いかぶさり、激しく口付けを交わします。
このまま果ててしまってもいいのですが、もっと長く田中さんを味わいたいと思い、体を起こし対○座○になってすこし息を整えます。
改めて間近に見る田中さんは、その美しいお顔がますます色っぽくなり、憂いの目線を送ってきます。
そのままDKをし、上の口も下の口もぴったりくっつけます。
気分は近所の奥様と、真昼間から貪るように求め合っている。ドロドロの不倫関係のようです。
そして自分の大好きな正○位にチェンジ。
仰向けになって両足をおっぴろげ、はしたない格好の田中さんにゆっくりと挿○。そのまましつこいくらい田中さんの唇を奪います。田中さんも実に情熱的に応戦。もうあとは突っ走るのみ。
勢いにまかせてピストンを繰り返し、

「あぁ、出る。出ちゃうよ!」
「いいよ、ナ○にいっぱい出して!」

ドッピュッ、ドッピュッ、ドッピュッ、ドクン、ドクン、ドクン・・・・

激しい一戦を象徴するかのような凄まじい量のカルピスを田中さんのカズノコに注入してしまいました。
そのまま田中さんに覆いかぶさり、激しく息を吐きながら飽きることなく口付けを続けます。
男として最も幸せな時間ですね(笑)。
やがて田中さんが枕もとのティッシュを手に取り股間にあてがい、合○を解きます。

「ゴメンね。いっぱい出しちゃったよ。」
「ね~、すごい量だよ!」

ちょっと気恥ずかしい、でも美女に己の種を注入し終えた達成感、征服感に満たされた、心地よいひと時です。


さて、後処理をしたり、動き回る田中さんを見つめていると、改めて素晴らしいプロポーションです。
そんな美女とクールダウンをしたところで入浴のお誘い。
ゴム鞠のようなお○ぱいを存分に駆使していただき、その後混浴。そして潜○鏡。男冥利に尽きますね。
そしてマ○トへ。
自分はマ○トはどちらかというとあまり好きではないのですが、田中さんの話しぶりからちょっと自信ありげに感じたので、たまにはと思いお願いしました。
但し、最後はベ○ドで愛し合いたいという自分のワガママを受け入れてくれ、挿○手前までのマ○トです。
仰向けになった自分の背中から下半身へ、田中さんの舌が蠢きまくります。そして足の指一本一本までしっかり舐めてくれます。とっても気持ちいいです。
やがて田中さんの両足が自分の体にもぐりこみ、自分はお尻の辺りが浮かんだ体制となりました。
田中さんのア○ル攻撃の始まりです。
まずは舌で自分のア○ルをこれでもかとナメナメしてきます。
ア○ルが敏感な自分は女の子のような情けない喘ぎ声を発してしまいます。
すると途中からア○ルへの感触が最初と違うものになりました。
すぐにはわからなかったのですが、なんと自分のア○ルへ田中さんが指を入○てきたのです。
美しき淑女のしなやかな指が自分の汚いア○ルへ入り、ズボズボとピストンを繰り返します。

「どう?痛くない?」

田中さんが聞いてきますが、全く痛くない。どころか猛烈な気持ちよさ。
どうやら自分でも知らなかった新たな一面が出てしまったようです。
女性が挿○されているときって、こんな気持ちなのかなぁ?

怒涛のア○ル攻撃がようやく終わると、仰向けにさせられ、再び田中さんに攻撃を受けます。
ア○ル攻撃のおかげで自分のサ○は一回戦スタート時のようなビンビン状態。
そのサ○を田中さんが口に含み、ゆっくりと舌を絡めてきます。フ○ラが終わると、田中さんが手のひら全体でサ○を包み込むように刺激してきます。
実に気持ちいい。
ただ、発○に至るほどの刺激ではなく、7割程度の刺激をず~っと与え続けてくる感じです。
今日初対面の自分の射○コントロールを完璧にこなす田中さん。
自分の体が田中さんに支配されているかのような感覚に陥ってしまいます。
そしてここでもイ○「2歩手前」で

「じゃあ、あとはベ○ドでしよっか」

と開放されます。
1歩手前ではギリギリすぎて焦りが強いのですが、2歩手前だとそのようなこともなく、心にゆとりを持って次に進めます。
よほど体の相性がよかったのでしょうか?この自分の体の操縦が素晴らしい、今までに体験したことのない感覚でした。

ここで田中さん、ロ○ションを落とすのに塩を使いました。
垢すりのような感覚で塩を自分の体に塗り、厚いシャワーでぬめりを落としてくれます。
そしてそのまま背中やふくらはぎ、足裏をゴリゴリしてきて、ちょっとしたマッサージになります。
自分の体はガチガチに凝り固まっているので、先ほどとは違った気持ちよさです。


ぬめりを落として再度入浴、全身キレイに拭いてもらって再度休憩タイム。
でも先ほどのマ○トでの波状攻撃でムラムラが限界の自分、ほどほどのところで田中さんの体に手をかけます。
田中さんも誘いにのってくれ、再びDK。そのまま田中さんに攻めてもらいます。
もうここまできたら経験豊富なお姉さまにすべてを委ねる方が気持ちいい!と思ったので、お任せ状態です。
再度たっぷり田中さんに舐め回してもらってから、騎○位で2度目の合体。すぐに田中さんが覆いかぶさってきて、激しく唇を奪い合います。
もう何度口付けを交わし続けているのだろうと思うくらいDKしてばっかです(笑)。

しばらくして正○位にチェンジ。
時間的にこれが最後だろうということで、まずは田中さんのパ○パンお○○こをしっかり拝み、欲情した牝のように自分を求める田中さんを鑑賞。何度見ても美しい体です。
そして満を持して挿○。今度はすぐには覆いかぶさらず、体を起こした状態で、喘ぐ田中さんの顔や、田中さんのマ○汁と自分のガ○ン汁でテカテカに輝くサ○が出入りする結合部分を目に焼き付けます。
満足したところでまたまた田中さんに覆いかぶさり、飽きることなくDKをお見舞い。
すぐに限界が来てしまい、激しくピストンしながらそのまま2度目の中○しでフィニッシュです。

最近の自分は2回戦はなかなかイ○ないことが多いのですが、今回はマ○トの件もあり、ビックリするほどの速さでイ○てしまいました。そして2回戦であるにもかかわらず、ものすごい量の種を田中さんに注入してしまいました。
もしこれが現実の世界ならば、近所の奥様とNSで2度も大量の種を注ぎ込めば確実に妊○してしまい、大変な修羅場が待ち構えているでしょうが、ここは夢の国吉原。何の心配もなく美しき淑女に中○しさせていただきました。


そしてお別れの時間。
バレンタインデー翌日ということで高級チョコまで頂いてしまい、恐縮しきりです。

自分は基本は若い女の子と交えるのが好きなのですが、時には今日のようにステキなお姉さまに全てを委ねるのもアリだな、いや大満足だなと思いました。




最後にどうしても記しておきたい事があります。
実は当初、この無料入浴券を使って1月17日に訪問しました。
年始の繁忙期も過ぎたであろう頃合、そして好みの女の子が複数出勤している日でした。
ところが予想に反して1日を通して混雑。
自分が女の子を選ぶときの最低限の基準である、タバコをすわない、もしくは接客中はガマンしてくれる子は一人もいなかったのです。
やむなく出直しすることを男性スタッフに伝えたときの対応が素晴らしかったです。
お店にとって1円の利益にもならない自分に対して(それどころか往路送迎車ガソリン代で経費が発生しているはず)、3名いた男性スタッフ全員が嫌な顔ひとつせず、笑顔で見送ってくれたのです。
自分も(ジャンルは全く異なりますが)接客関係の仕事をしているので、このときの男性スタッフの対応の仕方は大変見習うべき点の多いものでした。
そして田中さんと遊んだこの日の男性スタッフも、とてもさわやかで気持ちのいい対応でした。
我々ユーザーは、どうしても女の子の良し悪しでお店を評価しがちだと思います。
もちろんそれは間違っていません。
ただ一方で、お店を陰で支えている男性スタッフも素敵なお店が「いい店」なんじゃないのかな、と感じたプレジデントクラブ訪問でした。
1月17日11時過ぎにいらしたプレジデントクラブ男性スタッフの皆様、その節は素晴らしいご対応ありがとうございました。経済的に頻繁に通うことはできませんが、必ずまた訪問させていただきます。

このお店の良いところ
ほぼ全員NSなのは自分にとって評価高いです。
待合室でほかにも気になる女の子を見つけてしまい、田中さんを本指名すべきか、別な子の味見をすべきか悩ましいです(笑)。

あと、上記の通り男性スタッフの対応が素晴らしい!

定治チェック
常連投稿者候さん、いつもありがとうございます!

そして入浴無料券のご使用、ならびにご投稿
まことにありがとーございます!

すっかり熟女の…というか田中さんの虜になっちゃいまっしたね(笑)
いや、お店の虜なのかな?(笑)嬢も含めて素晴らしい対応をしていただけると
「また行こう」っていう思いが自然とわいてきますからね!
素晴らしいレポ、ならびに情報ありがとーございます!
それではまたの投稿をお待ちしております!

45ポイント進呈