定治さんが行く 秘書室「りおな」ちゃん編

  • 品ある小顔美人が脱いだ瞬間ド迫力爆乳痴女に…それでいて優しく包み込む、彼女にしか作れない極上の癒し&エロ時間を堪能!
  • 1ねん2くみ そーぷすたいるさだはる
  • なつやすみは、ほっかいどうにいってきました。すすきのというえっちなまちで、たくさんのかわいいおんなのこにあってきました。よるはおいしいおすしをごちそうになってとてもおいしかったです。やがいふぇすにもいってきました。てぃーじろすと、たけはらぴすとるがなまらかっこよかったです。またいきたいなあとおもいました。
  • どうもどうも毎年恒例、夏の北海道一週間をマン喫してきた定治です。リフレッシュしまくって今回おじゃマンいたしますのは吉原高級店『秘書室』さん。お美人様がしっかり濃厚なプレイをしてくれるでお馴染みの、過去に何度もお世話になっているお店でございます。取材当日、朝シャワーをキメてプーソースタイル事務所へ。洗面所にある定治セット(紫リステリン、歯磨き、ボディシート、フェイスシート、デリケートゾーン用ウェットシート)で全身を清め、爪もチェックしていざ吉原へ。お店にチン入いたしますと、顔なじみの魚河岸ボイス角刈り店長が、私めの顔を見るなり
  • 「お!定治さん!○万○千円になります!」
  • がははは!請求はプーソースタイルまでおなしゃす!(笑) 靴を脱ぐやにこやかなスタッフさんが
  • 「お手洗いの方は……?」
  • と。おなしゃすおなしゃす。最終ムスコフキフキタイムを済ませ、備え付けのうがい薬を拝借しブクブクガラガラ……。トイレを出るとそのまま待合室に通されますと、ちょうど甲子園決勝の真っ最中。皆様が大型テレビにくぎ付けになっている中、角刈り店長がやって来ました。
  • 「いやー、さっきのさっきまで悩んでたんだよねー。で、今回はりおなちゃんで!」
  • そう言って店長が待合室を出てすぐにご案内が(早い)。部屋を出て階段に差し掛かると
  • 「初めまして、りおなです♪」
  • 白ブラウス・黒ミニスカ・黒ストッキングの秘書室スタイルでお出迎え。そのままお部屋に向かいます。

次のページへ