さゆみちゃんの体験レポート

レポーター名tsuyopon

投稿日2018/03/01

遊んだ日2018/02/27

このお店の利用は?3回目以上

女の子の選び方は?フリー

お店の電話対応は?★★★★★

お店への行き方は?最寄駅から徒歩

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
またまた来ました。コートダジュール。

フリーでもショートでも十分満足できる安心感がお気に入りです。

事前にサイトで今日の出勤を確認して、何人か目星をつけて、その中からタイミングで選ぶやり方です。
予約争奪戦とか、姫予約とかが煩わしいのでいつもこのやり方です。

人気嬢がたまたま空いてたり、新人を発掘したり、ドキドキ感がたまりません。

受付で見せて貰ったパネルのなかで、早めに案内できる子。さゆみちゃんを選びました。
もちろん事前にチェックしていた一人です。

支払いを済ませ、即プレイに備え、トイレを拝借し備え付けのエチケットシートで股間を念入りに拭きます。(笑)
お相手の印象
階段の下でご対面すると、写真と違~う!!全然違います。
パネルマジック撲滅推奨店とのことで、信頼してたのに、、、

(イメージが違うけど可愛いからまぁいっか)とか、(ボカシの部分が現実と予想が違ってたな)
とかならありますが、、、今回は、別人?ってくらい違いました。(笑)

この店では初めてのことだったので固まりました。

今回のレポートもどう書くか正直悩みましたが、思ったままを書きました。
応援したいと思ってた店だし、何より今まで書いてきた嬢に失礼になりますから。

ひとつフォローすると決してBスではありません。そして、あくまでも私の主観です。
え?そうか?写真通りじゃん?可愛いーって思う人もいるかもです。

プレイ内容
黒いボディコンワンピース。背は低いけど、ボンッキュッボンって感じのぎゅっと詰まったスタイルです。明るい感じで、声が大きい。顔は化粧濃い目で21歳?~って感じです。(笑)

「はじめまして~、さゆみで~す」
熟練、手馴れといった雰囲気がプンプン漂っています。

「はじめまして、よろしく」
まっこんなこともあるかと、性格やプレイ内容でカバーしてくれれば十分だ。
とその場を楽しむように心がけます。

「あっ座って座って~」と言われBッドに腰掛けると、
「うふふ~ん、じゃ~」と隣へ座ってキス。

軽めのチュッチュッとした感じで、徐々に舌を入れ絡ませようとすると、
パッと口を離し「お洋服ぬいじゃおっか」と一枚一枚脱がされます。

すべて脱がされると、股間にタオルを掛けられ、彼女は自分で脱ぎます。
「あっ脱がせたかったな~」と言うも時すでに遅し。

ワンピースをストンと下ろしこちらに見せ付けるようにお尻をフリフリします。
黒いヒモTバック。肌はスベスベできめ細かい感じの極上の肌です。

「じゃ~ブラ外して貰おうかな?」と後ろを向いた時
「きれいなお尻だね」となでると、「んふふ~」とかわされます。

なかなか主導権を握れずに、モヤモヤしたままブラのホックを外します。

するとボンッと、これぞまさに特大ロケットおっ〇い。すんごい迫力です。
一切垂れることなく、キュッと上を向くチ〇ビ。圧巻です。

一目で偽物ではない天然物だとわかりますが、すさまじい光景です。
彼女の肉感ボディだから成せる奇跡のボディです。

そうしてみると、ウエストのくびれや太ももの張り、ボリューム感たっぷりのお尻。
ちょっと日本人離れした、南米美女とかのスタイルに近いかもしれません。

「すっごい、おっ〇いだね」と手を伸ばすと、
「んふふ~、くすぐったいよ~」と照れながら隠します。

「じゃ~お風呂行きましょ」と手を取り、そのまま風呂場に。
あれ?即じゃないの?と思いましたが、全員が必ずという訳ではないみたいです。

そして、いきなり湯船へ。彼女も一緒に入ってきてキスします。
ここでは濃厚にディープキス。キスをしながら彼女のロケットおっ〇いをモミモミ。

すると彼女も私の胸をなでて、チ〇ビ舐め。ジュルジュルと音を立て強弱のあるとっても気持がいいチ〇ビ舐めなので、かなり感じてしまい、ズブズブと湯船に沈むと、

そのまま彼女も湯船の中で続けてくれて、「プハッ、溺れるわっ笑」と上がってきました。

そして彼女が風呂から出て、うがいをさせられると
「じゃどうぞ~」とIスへ。

上手に泡を作り、体全体を使って、後ろも前も洗ってくれます。
腕に跨り、アソコを押し付けてきたり、Mットプレイのようにおっ〇いで洗ったり、
これが本物の泡踊りってヤツか~と感動します。

そして体を流し、バスタタオルで丁寧に顔からお尻、足の指まで拭いてくれます。
「じゃ~私も拭いてもらえるかしら」とタオルを渡されたのは初めてで戸惑いましたが、

ここぞとばかりにお○ぱいやお尻をモミモミしながら、丁寧にアソコまで拭いてあげました。(笑)

Bッドに横になると、両手をひろげて「んっ」と口を尖らせるので
そのままキス。次第に濃厚に舌を絡ませ、手はおっ〇いに。

弾けるような弾力に、気分もだんだん盛り上がって、口を離しておっ〇いへ。
チ〇ビは小さくありませんが、〇輪の色は色素の薄い感じでそそります。

ペロン、ペロンと軽く舐めると、「あっきゃはっ、はっ」
かなり敏感みたいでくすぐったがって、手で隠してしまいます。

「手どけて」とまたペロペロチュパチュパすると、
「あっダメッキャハハハッ、チ〇ビはくすぐったいからやめて~」
と言われてしまいます。

「それじゃ」と今度は下へ降り、いよいよアソコとご対面です。
熟女好きが好みそうな色、ビラビラの大きいエロイお〇〇こです。

ペロリと一舐めすると、「あっあ~」とかなり大きい喘ぎ声。
そのままペロペロチュウチュウすると、「あっすごい、あ~」
と脚をくねらせ悶えます。それに気を良くしてさらに舐めると、
「あ~気持いい~、もっともっと舐めて~あ~すごいっ~」

だんだんと濡れてくるのがわかったので、指を〇れようとすると
「あっだめ~もっと舐めて~こっちも~、このへん舐めて~」と
内ももをさすります。

ご要望とあらばと内ももを舐めてやると、「あ~あ~気持いい~もっと、こっちも~」
両方の内ももを舐めて、また指をNに〇れようとすると、

「あ~すごい~気持いい~あ~」と言いながら脚を閉じて悶えます。
これは指〇れNGってことなのかな?と思い、断念して攻守交替です。

仰向けに寝ると、彼女がキスをしてきます。
キスをしながら、私のチ○ビを弄ぶかのようにクリクリ指でいじります。

そしてチ〇ビ舐め。シュロロロ、ジュポジュポとかなり強めに舐めます。
チ〇ビの弱い私は、体をビクつかせて悶えます。

すると今度はワキ舐め。同じ要領でかなり激しくワキを舐められ
初めての感覚に悶絶します。

強めの吸い舐めで、腹やへそへ降りていき、太もも、膝、タマタマ。
くすぐったいような、気持いいような、鳥肌立ちまくりで痙攣していました。

するといよいよムスコに到達します。ねっとりジュポ。ねっとりジュププ。
とスロースタートから次第に強めのバキュームへ。

全身愛撫攻撃で、すでにグロッキー状態だったからなのか、ムスコが勃ちません。
一回戦目でこんな事今までなかったので焦ります。

彼女もプロの意地とばかりに張り切り、強めのバキュームが続きます。
すると、ふにゃふにゃ状態なのになぜかこみ上げる射○感。

「えっ?ちょっとまって、やばい出そう、勃ってないのに、〇っちゃう」
「え?」と彼女が口を離します。

「やばかった、何でだろう?勃ってないのに〇きそうになる」
と言うと、「いつもは?そんなことないの?」「うん、ない」
「じゃ~どうする?もう〇れちゃう?」「え?無理だよ勃ってないから」

彼女が口にSを仕込み、ムスコに付けるとその刺激でちょっとだけ大きくなるムスコ。
「少し勃ったから〇るよきっと」と言われ根元を押さえて〇れようと試みます。

しかし入り口で情けなく折れ曲がり〇りません。
「ちょっと滑りよくするね」と彼女が〇ーションを自分のアソコに塗り
私のムスコも手でシコシコします。するとまた少し硬度が出てきたので
アソコに押し付けると、ヌルリとようやくINできました。

初めは抜けないように慎重にゆっくり腰を動かしだすと、
ムクムクッとNで大きくなります。
「あ~すごいっ硬くなってきた」と彼女もホッとしています。
気を緩めると、また萎れてしまいそうなので
パンパンパンと突き続けます。

「あ~すごい、気持いいわ~、あ~」

彼女のリアクションに反応している余裕もなく自分の事でいっぱいです。
次第にまた射○感がこみ上げてきたのでこれを逃してなるものかと

「あっ〇きそう、もう出しちゃうね」と確認して
「うん、いいわよ~いっぱい出して~、あ~すごいっ」

了承を得てフィニッシュ。

「あ~なんでだろう?なんだったんだろう?」とまだ腑に落ちない感じで
ばったりと、横になると、
「勃たなくても〇っちゃうってたまにあるみたいよ~、気にする事ないよ」

と優しくSを外してくれて、慰めるようにお掃除フ〇ラまでしてくれました。
〇った直後だったので変な感覚でしたが、
ヌルヌルのムスコをジュポジュポとしゃぶってくれる光景はAVみたいで興奮しました。

少し休憩をした後「Mットするでしょ?」と聞かれ風呂に入ります。
湯船で暖まっていると、「王様~、Mットの準備ができましたので、こちらへどうぞっ」
とおどけて誘導してくれます。(笑)

王様ではないですが、彼女には下手な攻めをするよりは
すべてお任せで、受身に徹したほうがいいなと感じていたので
うつ伏せになり、されるがままのマグロになります。

それが正解。水を得た魚のように、Mットの上を縦横無尽に
まるでマーメイドのように動きます。

首筋からお尻まで強めの吸い舐めで降りていき、ワキ腹を上って反対へ。
キスマーク残るのでは?と心配になるくらい吸い方が強いです。

風呂場に響くチュッーパッという音。脚を間に入れてきてグッチョングッチョンと音を鳴らしてアソコをお尻に当ててきます。

脚裏をおっ〇いに当て指舐め、執拗なア〇ル舐め、圧し掛かる体重加減や吸い舐め加減。Mットプレイでは間違いなく歴代NO1です。(あくまでも私の主観です。)

よだれを垂らして、悶絶していると、「じゃこっち向いて~」とひっくり返されます。
そして、正面も強烈な吸い舐め。チ〇ビ、ワキ、腹やへそ。太もも、膝、ふくらはぎ。

そしてお尻をこっちに向けて69の体勢でフ〇ラ。
〇ーションでテカテカのお尻が目の前にあり、フリフリ見せ付けるので

舐めてもいいのかな?とアソコを舐めます。
「あ~やばい、あ~気持いい~」と風呂場に彼女の大きな喘ぎ声が響きます。

彼女の極上Mットプレイと、バキュームフ○ラで今度は素直にムスコも元気になります。
Sをつけてもらい、騎〇位でIN。

抱きついてきて、起用に〇頭部分だけをくわえ込むような腰の動き。
うまい具合に弱い部分にあたって、またも瞬殺してしまいそうになりますが

2回戦目なので、何とか持ちこたえます。
すると今度は長く、上から下へと根元まで咥え込むストロークへ変化。

グチョッ、グチョッ、と卑猥な音をたて上下します。
そしてまた先っぽだけ重点的に捕まえて、ジュポジュポ。

これの繰り返しであっという間に〇きそうになり、
「ああダメだ、〇っちゃう」と言うと
「いいよ~、〇って~」と言う事で2度目のフィニッシュ。

Mットの上で体を流して貰い、湯船へ。その後Iスでまた洗体。

体を拭いて貰い、まだ時間あるからとBッドの上でまったりしていると、
「こっち向いてよ~」とか「ちゅ~」とか「耳さわって~好きなの耳~」とか
イチャイチャゴロニャンしてきました。(笑)

そうしていると、時間になり着替えて、名刺をもらいキスして部屋を出ます。
階段を下りる途中、「ここ下から見えてるかな?」と踊り場でまたキス。

笑顔でバイバイしました。

業界も長いみたいなんで、知り尽くしているなと印象を受けました。
早く〇かせる方法、自分の身を守る方法。
省エネで満足させる方法を確立したのでしょう。(笑)

攻められ好きのマグロさんなら
相性いいかもしれないです。

このお店の良いところ
今回はちょっと残念でしたが、他の店に比べればまだまだ良店だと思います。
次回に期待します。
定治チェック
常連投稿者tsuyoponさん、いつもいありがとうございます!

一回目のムスコは…一体なんだったんでしょ?
調子が悪いのかなぁなんて思っていたら
二回目は順調に発射しちゃいましたからね(笑)

攻めずに受けに徹する攻撃(受け身)が功を奏したのかな(笑)
姫にもタイプがあるから、そのタイプに合わせて遊ぶのも
ひとつの手ですからね~やっぱりソープは奥が深い!
それではまたステキな嬢に出会いまいたらご投稿お待ちしております!

35ポイント進呈