稲森ゆうかちゃんの体験レポート

レポーター名ダブルボギー

投稿日2017/10/14

遊んだ日2017/09/09

このお店の利用は?3回目以上

女の子の選び方は?ネット指名

お店の電話対応は?★★★★☆

お店への行き方は?送迎車

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
定治師匠、連続の投稿になります。
会議の予定が数日前にキャンセルになり、ダメ元で電話すると希望の時間帯をゲットできました。日暮里からは同志二人と店に向かい、待合室は私を含めて5人とさすが週末の人気店です。
写真で姫の確認をすると時間通りの案内となりました。



お相手の印象
階段下で待望のご対面です。写真は口元を隠されており、想像していたイメージとは若干違いましたが、白のワンピースから覗く胸元は迫力十分です。
「3階になります。」と手を取って先導してくれます。目の前の迫力十分のヒップ におさわりしたくても階下にはボーイさんがいるのでじっと我慢しましたが、「もう一階頑張ってね」と優しく励ましてくれた頃には我慢できずに「綺麗なお尻だね」とタッチすると「もうちょっと待ってて~」とお尻を振って対応してくれました。




プレイ内容
入室して荷物を置くと三つ指ついて丁寧な挨拶、世間話をしながらフルアシストで脱衣して股○にはタオルが掛けられました。
「ファスナー下ろしてくださいますか」と背中を向けられ、ファスナーを下ろすと「ブラのホックもお願いします。」とお願いされ、ホックを外すと我慢できずに両手を前に回してオ○パイを鷲づかみしてしまい、「あぁぁぁ~」と感じてくれてます。そのまま、フルバックのパ○ティーを下ろすと「そっちはまだお願いしてないのに~」としっかり突っ込んでくれました。

正面を向いてもらい、重力に負けていない形の良い天然のEカップ(最近はFカップのブラを着用いているようです。)のオ○パイ、やや小さめの乳○、我慢できずに谷間に顔を埋め、オ○パイにむしゃぶりつき、両手はボリューム満点のお尻に手を伸ばし、階段での続きを堪能していると、稲森さんの手が息子に伸びてきて「大きくなってる~」と喜んでもらい、「ベ○ドに横になってください」と促されて横になりました。

横になるとDKから乳○、下半身へと移動していきます。稲森さんのフ○ラ絶妙な力加減で早くも息子はフル勃○状態です。 濃厚なフ○ラを堪能しているとあまりの気持ちよさに我慢できそうもないので、攻守交代を申し出て稲森さんに横になってもらいました。DKから本当に形の良いオ○パイ(何度もスミマセン、でも偽乳と疑いたくなる形の良い天然のオ○パイです。)をむさぼりながら秘貝に手を伸ばすとすでに洪水状態、突起を刺激すると「あん、あん」と喜んでいただき、Nに中指を○入するとNはぐしょぐしょで、いやらしい音がします。薬指もくわえて二本でスポットを刺激すると稲森さんの声が一段と大きくなり、「んぁああああ~、出ちゃう~」と○を吹かれました。「もっと、もっと」と腰を浮かせながらリクエストされ、指の動きを激しくすると、○を噴くという表現より”プシューーーー”と○の噴射という表現が当てはまる状態です。スポットを刺激しては”プシューー”を繰り返し、○の噴射を堪能していると、敷いてあるタオルはずぶ濡れ状態です。

ノーヘルの正○位で挿○、激しく腰を動かすと稲森さんの巨乳が大きく揺れる姿はまさに絶景です。M字開脚にしてピストンしながらク○を刺激すると今度はハメ○、バ○クに体勢を変えるときはヌキ○と○の噴射は止まることがありません。稲森さんの喘ぎ声は隣の部屋に聞こえるであろう程大きく、発車の気配を伝えると「来て~、来て~、一緒に~」とお許しが出たので同時に昇天しました。

休憩で「Mットはどうします?」と聞かれ、「大好物なんだけど、行けないんだよね」と話をすると「頑張るから、してみよ~よ」と励まされて洗体してもらい、仲良く入浴。最初は向き合って入浴していると、こちらに背中を向けてきたので、両手を前に回して巨乳を揉み始めると「お湯を入れようと思っただけ~」と、またもや突っ込みを入れられました(笑)。Mットを準備しているグラマラスな稲森さんを見ているだけで息子は反応してきます。

「うつ伏せでお願いします。滑るからね~」とMットがスタート。背中に稲森さんの巨乳を感じ、絶えず息子を刺激してくるので息子はフル勃○状態になり、うつ伏せが窮屈になってきました。仰向けになり、稲森さんにちょっかいを出そうにもロー○ョンで滑るため、身体が不安定で思うように動けません。すると、タオルを下に敷いてくれたおかげで思う存分ちょっかい出せます。隙を見つけて巨乳を揉み、ク○をいじり、稲森さんは大きな声で喘いでくれます。やがて69の体勢になり、顔がロー○ョンまみれになることを気にせずにオ○○コにむしゃぶりつくと○がピュッと噴き出し、舌で○リ、指でスポットを刺激するとチ○チ○を咥えながら「んぁああああ~、出ちゃう~ 」とまたもや○噴射。更に続けると連続噴射で稲森さんの秘貝は赤く充血し、ロー○ョンと○でグショグショ状態でテカテカと光り、いやらしさが増してきます。

稲森さんが反転して騎○位で挿○。ロー○ョンまみれの私の顔をタオルで丁寧に拭いてくれる気遣いも忘れません。騎○位は稲森さんの綺麗な巨乳がユサユサ揺れて、絶景そのものです。目の前の巨乳を揉み、稲森さんの動きに合わせて下から突き上げると今度はハメ○、下半身に暖かいものが感じられて興奮度MAX。すぐに発車感を感じ、手で腰をホールドしながら激しく腰を突き上げると、察した稲森さんも激しく腰を動かし「あぁぁぁ~、行く~ 」と同時に二度目の昇天となり、しばらく重なり合って余韻に浸っていると、「Mットで行けて良かったね~」とにっこり微笑みながら○スをしてくれました。

「ダブルボギーさんがMットで行けて良かった~」と稲森さんも嬉しそうにしてくれ、思わず抱きしめて『ありがとう』と熱い○スをしてお別れしました。

○噴き姫の経験はありますが。稲森さんは他を凌駕するもので諸先輩方も経験してみることをお勧めいたします。

このお店の良いところ
お店のスタッフさんの対応も丁寧です。
美魔女揃いでハズレがありません。



定治チェック
常連投稿者ダブルボギーさん、まさかの三連投!
ありがとうございます!

風俗の、仕事としての垣根なんてないとばかりにみずから乱れる女の子……
ダブルボギーさんはそういった濃い女の子を探すのがお上手っすねえ!
「ソープではこういう女の子と遊んでみたい」という好みが似ているので
個人的にもすごく参考になります(笑)

それではまた、素敵な出会いがございましたらまたの投稿をお待ちしております!


40ポイント進呈