鳴沢ひろこちゃんの体験レポート

レポーター名New Yorker

投稿日2017/03/16

遊んだ日2017/02/21

このお店の利用は?3回目以上

女の子の選び方は?ネット指名

お店の電話対応は?★★★★★

お店への行き方は?送迎車

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
定治さんこんにちは。今年は小生には新規の当たり年のようです。またまた最高の嬢にめぐり逢い対戦を果たしてまいりましたのでレポートさせていただきます。
今回の対戦嬢の鳴沢ひろこさんはホームページのメンバーページにて顔出しされており、以前からず~~~~~~~~っと対戦したかった嬢です。というのもそのルックスがモロにタイプなのです。実は小生、勤務先に憧れのマドンナがおりまして、そのマドンナのことがずっと以前から大好きで今までに告白してはフられ、でもあきらめきれず、再度告白してはフられ…を繰り返しているのですが、そのマドンナにルックスが非常に似ているのです。
小生おフロで遊ぶ際は比較的高身長の嬢をチョイスすることが多いのですが、鳴沢さんは身長こそ高くないですが、そんなの全く関係ないと思えるほどルックスが好みなので絶対に対戦したかったのです。

しかし鳴沢さんはご出勤が平日中心なのでなかなかタイミングが合いませんでした。この度、前述したマドンナに再度アタックし、またまたフられましたので、その勢いで平日日中の登楼を決意、速攻で予約をゲットしいざ吉原へ向かいました。いつもの駅にて送迎車にピックアップしていただき店舗へ。
待合スペースにて受付を済ませ、ちょうど予約時刻となったところで「NewYorker様、お待たせいたしました。お部屋のご準備が整いました。」と定刻どおりのご案内となりました。
お相手の印象
「こんにちは、はじめまして。お部屋は2階になります。」階段下でついに鳴沢さんとご対面です。
ホームページ写真以上に職場のマドンナに似ています、というか瓜二つです。

ルックスだけでなく身長やスタイルから声までそっくり…小生のボルテージが急上昇です。これからこの女を抱けるのかという感動と同時に小生は憧れのマドンナを抱くイメージを頭に浮かべてしまったのは言うまでもありません。階段を上がりながら小生の遮断機も上がりっぱなしになりました。
夢心地のまま部屋に到着し入室、腰かけるよううながされながら自然な感じで小生の上着を受け取りハンガーにかけてくれます。
その後ろ姿がまたこの上なくセクシーで抱きつきたくなりますが、ぐっとこらえて紳士のフリをします。嬢が振り向き三つ指ついてご挨拶。
「あらためまして、鳴沢ひろこと申します、本日はご指名ありがとうございます。なぜわたしを選んでくださったのですか?」ここで小生、正直にカミングアウトしました。
モロ好みのタイプなので以前からずっと逢いたかったこと、職場のマドンナによく似てると思ってこと、お逢いしたらルックスだけでなく体系や声までそっくりなので舞い上がってしまっていることなど、全て正直に話しました。
「うれしいです。じゃあ今日はわたしがそのマドンナさんだと思って、わたしのこと、そのマドンナさんのお名前で呼んでくださっていいですよ。」「実はその子も、ひろこちゃんなんだよね。」「まあ、なんだかすごい偶然ですね。そのマドンナさんはNewYorkerさんのことをどんな呼び方をしてらっしゃるんですか?」「ふつうにNewYorkerって呼び捨てだな。」「じゃあ、失礼ですけど本日は呼び捨てでもいいですか?」「もちろんいいよ。」
ということで、あっという間に本日のプレイテーマが「憧れのマドンナと念願のベ○ドインをする」というイメージプレイに決定しました。そうと決まると早速プレイがスタートです。
プレイ内容
「ねえNewYorker、わたしと、シたい?」
いたずらっぽい表情で言いながら鳴沢さんが小生の膝の上にまたがってきます。
「もちろんだよ。俺の気持ちはわかってるだろ、ひろこ。」「じゃあキスして。」
ヤバいです、たまらんです、膝に感じる鳴沢さんの柔らかいケツの肉感と、この会話だけでイきそうになりました。小生の肩に両腕をまわした鳴沢さんの顔にゆっくりと顔を近づけていくと、いたずらっぽい表情だった鳴沢さんの目が徐々に妖艶な目つきに変わっていきます。
ガマンできず夢中で唇に吸いつきました。鳴沢さんの小さくてかわいらしい顔が目の前にあり、そのかわいらしい唇を吸っている自分…目を閉じて小生のキスを受け入れている鳴沢さんは、やはりマドンナにそっくりです。
鳴沢さんの下唇を吸い、上唇を舐め、舌を絡ませ、欲望の赴くまま鳴沢さんの唇を貪りながらケツを揉みしだきます。小生はもうすっかりマドンナを抱いている妄想に入り込み、ワンピースの上から鳴沢さんの体中をまさぐりました。
ワンピースの裾をたくし上げ唇を貪りながらTバック尻の肉感を味わいます、尻フェチの小生、マドンナの生ケツをまさぐっている感覚に酔いしれます。鳴沢さんも器用にキスしたまま小生のシャツのボタンを外し、ベルトを外し、ズボンをずり下げます。
小生が鳴沢さんのワンピースのファスナーを下げ、鳴沢さんも小生も下着のみの姿になったところで、どちらからともなくベ○ドになだれ込みます。
引き続き唇を貪りながらブラジャーのホックを外しオ○パイをまさぐります。小ぶりですが形のイイ美乳ですでにチ○ビがピンを勃っています。
「NewYorker、わたしのオ○パイ、舐めたかったんでしょ?舐めてイイわよ。」
たまりません、速攻でむしゃぶりつくと
「あぁんっ、気持ちイイっ。」
憧れのマドンナが目の前で小生の愛撫で喘いでいます。舌でチ○ビを舐りまわしながらパンティに手を入れると茂みの中はすっかりグショグショ。
「ひろこ、すっごく濡れてる、気持ちイイの?」「気持ちイイっ。もっと感じさせてぇ。」
パンティを剥ぎ取り鳴沢さんの股をM字開脚させ、露になった股間に顔をうずめます、小生この時点で野獣と化しました。アソコにむしゃぶりつき、ク○トリスを吸い、舌を奥までブチ込みあふれ出る愛液を味わいます。舐めまくっていると鳴沢さんが体を小刻みに震わせはじめ
「あっ、ダメっ、イイっ、ダメっ、いっ、イっ、くっ、イっちゃうっ、あんっ、イくぅ~っ」
腰を浮かせながらビクンビクンと体をのけぞらせアソコが強烈に締ります。早くこの締りを愚息で味わいたいと思いつつ、とめどなくあふれ出る愛液をすすっていると
「わたしも舐めたいっ、NewYorkerのチ○ポ舐めたい」
と鳴沢さんの反撃がスタート。ソフトでディープな相性抜群のフ○ラチオ…いつまでも味わっていたい感じのフ○ラチオ…イかせるフ○ラチオではなく、勃たせ続けてくれるフ○ラチオです。いつの間にか鳴沢さんが四つん這いになり、舐めてといわんばかりにケツをこちらに向けています、もちろんむしゃぶりつきます。
アソコを舐めたりケツに頬擦りしたり、たっぷり味わいます。あぁ、もうガマンできない、ブチ込みたい、と小生が思った瞬間、鳴沢さんが愚息に跨り騎○位にてINです。ものスゴく締まるアソコですが、濡れ具合がハンパないのでスムースにピストンされフィット感が抜群、腰の動きも上下前後左右に絶妙です。
フ○ラチオといい腰遣いといい、かわいい顔してテクニシャンです。マドンナもこんな感じなのかなと思うと興奮度がさらに増し、愚息からガマン汁が漏れはじめました。
このままでは暴発してしまうので「ひろこ、バ○クでさせて」とリクエスト。四つん這いになりケツを突き出しながら「思いっきり奥まで突いて」なんてハレンチなっ!プリっとしたかわいいケツをわしづかみして夢中でアソコを突きまくります。
ものスゴい締りです。このままイっちゃおうかなと思っていると
「NewYorker、お願い、キスしながらシて」
と願ってもないお言葉が…正○位に移行しゆっくりとN挿○…根元までズッポリと○ったところでDキス、この体勢ダイスキです、たまりません、愚息の根元をアソコがキュンキュン締めつけ、唇を小生の唇で塞がれた鳴沢さんから声にならない喘ぎ声が漏れはじめ、次第に大きな喘ぎ声になっていきます。
視覚・聴覚・触覚からものスゴい快感が小生に襲いかかります。気持ちイイ、気持ちヨ過ぎます、たまりません。ずっとこの快感を味わい続けたい、でも、この女のアソコのNに出したい、マドンナのアソコのNに発射したい。
「ひろこ、ずっとキミを抱きたかった、初めて逢ったときから抱きたかった、ヤりたかった、最高だ、愛してる、イきそうだ、もうガマンできない、愛してる」
キスしながらそんな感じのことを口走った気がします。
「NewYorker、わたしのNに出して、思いっきり一番奥に出してぇっ」
そんなこと言われたらガマンできるはずないですよね、次の瞬間愚息は激しく収縮しマドンナのNに大量の白濁液を放出しました。まだ出るのか、と思うくらい大量に出ました。


ここまでで75分が経過してました。残り時間あと45分…普段ならここから休憩して洗体して軽くMットしてなんとか復活したところあたりでタイムアップ…という感じなのですが、鳴沢さんとのセ○クスは違いました。Mットではフィニッシュ確率が極端に低下する小生ですが、なんなく初戦と同程度まで硬度回復し、鳴沢さんの絶妙な腰遣いになんなく発射。
鳴沢さん曰く「まだできそうですね」とのことでロー○ョンまみれのままベ○ドへ移動。絶妙フ○ラにて驚くほど短時間にて回復、正○位にてN挿○し、Dキスしたままアソコを突きまくり
「ひろこ、ひろこ」「NewYorker」
と呼び合いながら同時に果てました。妄想プレイによる興奮も重要な要素だったとは思いますが、モロ好みなうえに相性も抜群だと、こうも簡単に回復できるものなんですね、自分が絶倫になったかのような錯覚に陥りました。

シャワーでロー○ョンを流しながら鳴沢さんからも「NewYorkerさんとは相性イイみたいです」と嬉しいお言葉をいただくこともでき、再会を約束したところでタイムアップとなり、お着換え。
名刺をいただき、ハグしながらコールを入れる鳴沢さん、ケツをまさぐっていたら愚息が回復してしまい、二人でビックリしながら大笑い。
「最後にちょっとだけね」とズボンのファスナーを下し、手際よく愚息を引っ張りだして「またね」とあいさつしながらパックンチョ。
後を引く感ありまくりで部屋を退出、ケツをまさぐりながら階段を下りバイバイとなりました。いや~最高でした、リピート確定っす。こちらの店舗在籍の対戦候補嬢コンプリートを果たせる日がまた遠ざかりそうです。
このお店の良いところ
室内が清潔で、若過ぎず熟し過ぎずちょうどイイ年齢層の女の子が揃っていること。こういう店舗を待ってましたという感じでオープン当初から利用させていただいており、ハズレを引いた記憶はほとんどありません。小生の入浴活動における準フランチャイズ店舗の位置づけです。
定治チェック
常連投稿者New Yorkerさん、いつもありがとうございます!

いや~今回もすごいっすね(笑)まさかの展開でしたよ!そんなに似てるんですか?でも…私めだったら…(マドンナに似てると)告白する勇気がない(笑)なんか悪いような気がしてしまいますが…それは人生損をしておりますね!だってこんなに楽しくエロく!遊べるんですから!

姫もすっかりマドンナになりきっちゃって…すばらしいっす!
これは…もう本物の「マドンナ」に告白することはなくなりそうっすね(笑)というか…「鳴沢ひろこ」さんが、本物の「マドンナ」になったんじゃないですか?これからも…マドンナとめいいっぱい楽しんじゃってください!
それではまたの投稿をお待ちしております!

45ポイント進呈