昇天まる生リアルトーク! ローテンブルク「伊集院雛子」ちゃん編

  • 雛子さんはこのお店に入ってどれくらい?
  • 1年ちょっとくらいになりました。
  • 出身は?
  • 埼玉です。
  • 風俗前のお仕事は?
  • 今も昼のお仕事をしていて、それと兼業でこちらでもお世話になっております。
  • ソープ以外の風俗経験は?
  • ないんです。ここが初めてです。
  • これまで風俗経験は。
  • まったくなくって、面接してくれた人がビックリしながら心配してました(笑)
  • 「デビューがソープで大丈夫?」って?
  • はい。ソープとかヘルスとかの業種をよくしらなかったんですよ(笑)
  • で、なんとなく吉原って聞いたことがあるぞ、みたいな?
  • まさにそれです(笑)。で、年齢的に大丈夫そうなお店を探しているうちに、完全未経験でも大丈夫そうなここを見つけまして。
  • なるほど〜。初対面のお客さんから第一印象で言われることって?
  • 「普通だね」って(笑)。写真だともう少しイケイケなお姉さん風にイメージされる方が多いみたいなんですけど……
  • 「会ってみたらおっとりさんだね」みたいな?
  • ですね(笑)
  • プレイスタイルは?
  • それがごめんなさい……決まった流れとかぜんぜんなくって……
  • お客さんに合わせる?
  • 合わせると言いますか……私、気持ち良くなっちゃうと自制がきかなくなっちゃって、気付いたら時間が経っていると言いますか……
  • 夢中になっちゃう?
  • そうですね……自分の世界に入っちゃう感じなんですよね……
  • ほほう、そうなると自分では言い表せないかもしれませんが、お客さんは何と言ってます?
  • 「キスした瞬間顔が変わって、襲われる」みたいな(笑)
  • 襲う?痴女的要素がある?
  • う〜ん、私の頭の中では痴女というよりご主人様にひたすらご奉仕する気持ちなんですが……
  • そのご奉仕が超積極的みたいな?
  • みたいです。夢中になるとコールも聞こえなくなっちゃって、お客様から「時間だよ」って(笑)
  • それは凄いなあ! じゃあフ○ラ中とかも没頭しちゃうんだ?
  • ですね。男性のアソコが自分の口の中に入っている感触がすごく好きで、ずっとしていたくなっちゃいます。
  • お客様の反応は?
  • 「ホントにコレが好きなんだね」って(笑)。
  • 逆に自分が重点的に責められたいポイントは?
  • チ○ビですね……このお仕事をする前はそんなにだったんですよ。でも最近は「何されちゃってもいい!」ってなっちゃいます。
  • スイッチが入ると?
  • はい。ただ舐められるだけじゃなくて、甘噛みされたりするとすごくゾクゾク来ちゃって、極端な話……○○○○○○たいって……
  • おっと……これを書くと雛子さんの情熱っぷりが出てすごくイイのですが、伏せておきましょう(笑)
  • そうですよね……書けない事が多くてスミマセン(笑)
  • 好きな体位は?
  • 正○位です。目で会話出来るじゃないですか?
  • 「気持ちイイよ」「私もよ」「こうだろ?」「そう!」的な?
  • はいそれです! 前戯中も実際してる時も、その言語外コミュニケーションがスイングすればするほど燃えちゃいます。
  • 言語外コミュニケーション、スイング……まるでジャズの演奏みたいですね。同じメロディを奏でる時もあれば、間奏で「オレはこうしたい」「イイね、じゃあ私はこうしようかな」「ほほう、じゃあオレは……」みたいな感じで盛り上がって最高潮に達するみたいな。
  • それです! 音楽とS○○って似てますよね。独りよがりじゃなくお互いが気持ち良くし合えば最高のプレイが出来る……みたいな。
  • 凄いなあ。いつものソープ嬢のインタビューと言う感じがしません(笑)。仕事というよりひとりの女性に好きなS○○を語ってもらう感じになってます。
  • プライベートよりお店の方が本当の自分をさらけ出しているかもですね。
  • お客さんみたいですね。「プライベートでさらけ出せない性癖を風俗で開放する」みたいな。
  • 私も気持ちは一緒ですね。心を開放し合った同士のS○○ってすっごく気持ちいいですもん。
  • このお仕事をしたからこそ分かった?
  • 「私、こんなエ○チなカラダだったんだ!?」っていうのが(笑)
  • プレイ後のお客様の感想で多いのは?
  • 「好きでしてるよね?」「仕事じゃないよね?」って言われますね。あと「面白い子見つけちゃった」とか(笑)
  • わはは、確かにこの業界ではすごく稀少なタイプです。チ○ビ以外に開発された部分ってあります。
  • あの……すごく恥ずかしいんですけど……
  • このインタビューでも開放させちゃいましょうよ(笑)
  • えっとその……オシリ……
  • オシリ全体?それともア○ル?
  • あの……(赤面&小声で)ア○ル……
  • ほほう!
  • ク○ニされて気持ち良くなってた時にア○ルを舐められて、電流が走ったと言いますか……。
  • ほほう!
  • その反応を見たお客様から四つん這いにされて、ア○ルだけ集中して舐められて……
  • ほほう!
  • そんなとこだめ……って思うんですけど、思えば思うほどそのタブーな感じが興奮しちゃって……
  • メチャクチャ濡れちゃった?
  • はい……
  • その後はもう大変な事に?
  • 大変な事になっちゃいました(笑)
  • いいすなあ……。なんでしょう、雛子さんはインタビュー文章では書き表せない魅力があるんですよね……上品で恥じらいながらも、仕事でもキャラ作りでもなく、素でもの凄くエロい感じ……。正直、体験取材で入りたかった……いや、なんなら自腹で……。
  • あはは!ありがとうございます(笑)。でも肌を合わせてみて、初めてお互いを理解できるってありますよね。
  • そうなんすよね……
  • (ここでローテンブルク名物ダンディ社長登場)いやー盛り上がってるみたいですね。どうです彼女?
  • どうですも何も素敵すぎて……
  • 社長:ウチには隠し玉がいっぱいいるんですよ、ムフフ。
  • そこでお願いが……。彼女の今日の枠は……
  • 社長:残念ながらいっぱいなんです。
  • ですよね……。
  • ごめんなさい……
  • イヤイヤ謝らなくていいんです。ただ確実に僕の「一度でいいから遊んでみたいリスト」に入りましたので。
  • あはは(笑)
  • 社長:彼女にハマるお客様多いんですよ。定治さん、一度で済むかなあ。ムフフ……
  • 彼女が放つ“上品で恥じらいがあり、でもドエロい美熟女オーラ”は、文章で上手く伝え切れていない部分が多々ありますスミマセン。ただこれだけは言えます。「間違いない」と。最近であった子の中でも確実に遊んだほうがいいと言い切れる方でございますよ!☆
  • writing by 定治さん

伊集院雛子ちゃんのプロフィールはコチラ