定治さんが行く プラチナステージ「せりな」ちゃん編

  • ファッションモデルとグラビアアイドルのいいとこ取りみたいなナイスバディ美女と、遠慮や気兼ねがいっさいない90分間を堪能!!!
  • ♪ゆうべ父ちゃんと寝たときに(アヨイショ)♪変なところに芋がある(アヨイショ)♪父ちゃんこの芋何の芋? どもども定治でございます。前回の体験取材原稿を金曜の夜に無事アップしてホッとしたのも束の間。やって来たのはプーソースタイル営業マンH氏。
  • H氏「今回も締めきりギリギリのアップでしたね」
  • 昨日体験で翌日アップちゅうスケジュール組んだのはどこの誰っすか!
  • H氏「まあまあまあお店の都合に合せてナンボの商売ですから」
  • ま……まあおっしゃる通りでございます。
  • H氏「で、次の体験取材は来週月曜になるんでオナシャス」
  • は?はい? いくらなんでも早すぎる……
  • H氏「お店の都合に合せてナンボの商売ですから」
  • そ……そうっすね……おっしゃる通りでございます。
  • H氏「それに定治さんとの約束である『いま書いてる原稿を書き終えるまでは次の体験取材は絶対に入れない』は守ってますよ?」
  • ですね、はい。重ね重ねおっしゃる通りでございます。で、今回はどちらのお店へ?
  • H氏「プラチナステージさんです」
  • ほほう。以前に何度かお世話になってる人気の格安店ですね!
  • H氏「なんですが……今回ちょっと困った事が」
  • ん?困ったこととは?
  • H氏「前回インタビューした子いるじゃないですか?」
  • はいはい。せりなちゃんですね?
  • H氏「はい。その子なんですよ」
  • あらま!たしかお店のランキング上位の子ですよね?
  • H氏「はい。それもあってお店がぜひとも彼女でと」
  • なるほど……
  • H氏「一度会った子と体験というのはやりにくくないですか?」
  • あーまあ多少の気恥ずかしさはありますが、彼女は超気さくな感じだったので大丈夫じゃないっすか? いつものような潜入取材とはいきませんけど、プーソースタイルとお店側がOKなら大丈夫っすよ。
  • H氏「あーよかった。では来週月曜日よろしくオナシャス」
  • さてさて取材当日。リッケン号(マイチャリ)でお店に向かいますとスタッフさんがにこやかにご挨拶&ご案内。いつもの待合室に入りますと、さすがに平日の昼間とあって大混雑とまではいきませんが、何人ものお客様が出入りをしております。他のお客様同様に番号札をいただき、空いている椅子に座りまず一服。いつもは初対面の女の子と会うという緊張がありますが、今回はこちらの素性を知られているといういつもとは別の緊張が。この展開が吉と出るか……。お手洗いを借りて身を清め、待合室に戻ってタブレットを口に放り込んだタイミングでお呼びが。
  • 「それではお待たせしました。こちらになります」
  • 待合室を出て階段へと向かいますと
  • 「お久しぶりー!ってわりと最近か。あははは」
  • 黒ドレス姿のせりなちゃんがお目見え……と……ひとり先を行ってしまいます(笑)。あわてて彼女を追うように階段を昇りお部屋へ。

次のページへ