No Image

退店しました

レポーター名オックス

投稿日2017/02/06

遊んだ日2017/01/25

このお店の利用は?初めて

女の子の選び方は?ネット指名

お店の電話対応は?★★★★★

お店への行き方は?送迎車

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
こちらでの投稿的には新人さんですが、それなりにソープ歴は長いつもりでいました。でも、このようなサイトに投稿させていただくって、やっぱり他の方の体験談もメッチャ気になるものですね。
それで、ついにこれまで未体験の領域だった高級店にチャレンジしちゃいましたwww

正直、格安店大好きな庶民にとってどの店にしようかは大いに悩みました。外したらダメージ大きいですものねw
そこでネットで念入りにリサーチを繰り返し、このサイトで評判の高いコルドンブルーさんに標的をしぼりました。もちろん、直近の「定治さんが行く」も熟読させていただきましたw
いただいたポイントで入浴無料券が申請できるのはわかっていましたが、高級店で店頭フリーというのがちょっとアレで…、初回はあらかじめネット予約したかったのです。そしてどの姫にするのか吟味にあたって、まずはこの店の公式ホームページからメルマガ登録をしました。メルマガ会員だと専用電話回線から1週間前予約が可能との事でそちらが目的だったのですが、登録したとたん新人情報としてメルマガ配信されてきたのが、今回登楼した●●さんでした。手のひらで口元を隠していますが、ショートカットの物憂いげなまなざし。その目線に一目ぼれしてしまい、とっても気になりました。

でも、ありがたい事にこの店では、入店まもない新人だと割引があるのです。その後押しもあり彼女に決めて、身分不相応な高級店ながらいそいそと電話を入れました。
なんだかんだでドキドキしながらだったのですが、新規客でと告げたうえでもごくごく丁寧に対応していただき、必死に忘れないように「新人割りで」と申し出ると、ちゃんと割引の確認をしてくれました。まずは第一関門クリアww あとは、●●さんがどんな姫かですね。

当日確認電話を入れ、上野駅送迎を依頼すると、
「寒い中お待たせしても申し訳ありませんので、到着のご予定をお知らせただけますか」と。
いままでのソープ利用でそんな事を言われた事、ナカナカありません。そして上野について電話を入れ、まもなく黒塗りの高級車でお出迎えしてもらったのでした。

店着くと、店員が総出でお辞儀してくれての出迎えでした。丁寧すぎてドキドキしてしまいましたww
フロントから廊下を通って案内される途中でトイレを借りましたが、ピカピカでした。洗面台の周りにはアメニティグッズが充実していたので、ちゃんと手入れしておきます。
待合室のフカフカのソファーで待っていると、店員がアルバムを持ってきてくれて、
「本日ご予約の●●さんです」と示してくれました。ここで総額を支払い。新人割引あり。自分的にはドキッとする金額ですが、果たしてどんな方でしょうか。
少し待って「○○様、ご案内になります」と声が掛かりました。


お相手の印象
白ブラウスにグレーのタイトスカート姿(店のホームページとおなじですね!)ですが、そのスカートの短い事!ストッキングを留めるガーターがのぞいていてそそりました。
クリッとしたお目目が印象的な、ショートカット美女です。キレイとカワイイのどちらも持ち合わせていると感じました。
T166の上、高いヒールを履いていたので目線が揃うほどでした。


プレイ内容
「こんばんは、お部屋は2階です」
じいっと目を見つめて声を掛けてくれましたが、ちょっと緊張していたかもしれません。階段で先に上がらせてもらったときには気が付きませんでしたが、踊り場で並ぶと背が高い事!
「わあっ、スタイル良いんだね」
「うふっ、こんなヒール履いているからですよ」
と、はにかむ●●さん。足元を見れば、たしかにかかとだけでなく底まで厚いハイヒールでした。これで階段の上り下り大丈夫?と心配になってしまいましたが、それをさらっと履きこなしているのはすごいです。

手前で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えて部屋に入りました。おおっ、広い!
ドアの右側がベ○ドスペースで、左側には広々とした洗い場と浴槽があり、お湯が張られている途中でした。
んーー、高級店って、これだけ部屋が違うものなんだ。突っ立ったまま感心してると、●●さんが、

「どうぞ、座って下さい」と声を掛けてくれました。素直に従いますが、彼女はややゆったりとコートや上着を預かって、壁のハンガーに掛けていってくれます。
「まだ入店したばかりですよね」
「そうなんです、まだ5日しか出勤していないんです」
そこで気が付きましたが、彼女は話をするときにじいっとこちらの目を見てくれているのです。こんな目のクリッとしたカワイコちゃんに見つめられて、なんだかどぎまぎしてしまいましたww

されるがままにパンツ1枚にされ、彼女がバスタオルを腰にかぶせようとしたので、こちらからもアクションを起こしました。
膝立ちになった彼女をギュッと抱きしめます。
「あっ」軽く声を上げましたが、決して拒んだ訳ではありません。そのまま私に身を預けてくれましたから。
白のブラウスごしに抱きしめた●●さんの体は、ムチッとして抱き心地の良いものでした。首筋に顔を近づけると、ショートカットの襟元から何とも言えない良い香りがただよってきます。夢中になって彼女の体をむさぼってしまいましたが、ふと顔を起こしてみると、やはりじいっとこちらを見つめていました。なんだか急に恥ずかしくなってしまいましたが、それと悟られないように、「じゃあ、●●さんも脱いじゃおう」と、ブラウスのボタンに手を掛けました。ついでに、ふくよかなオ○パイを揉み揉み。

「なんだか、恥ずかしいです」
「いいから、いいから」
うーん、こんな美人秘書になんてセクハラしちゃっているのでしょう。でも、良いのです。ここは高級店なのですから。更に彼女の正面に回り、キスしてしまいましたww

「んんっ」
ブラウスの前がはだけ、ブラジャーが露出した●●さんにキス。もうパンツの下で息子が踊り狂っていますwww
チュッ、チュッ、チュッ 容赦なく口づけの嵐を降らせると、彼女も気なしか身をクネクネさせてきました。
「ほら、脱いじゃおう」ブラウスに続き、タイトスカートも床に落としました。そこには、下着とガーターだけを身にまとったスタイル良い●●さんがいます。たまらずに、そのままベ○ドに引きずり込んでしまいました。

ドキドキしながら、横たわる彼女の姿を目に焼きつけます。ゴクリとつばを飲み、意を決してして下着に手を掛けます。慎重に手先に神経を集中っせますが、ふと彼女と目が合うと、ヤハリじいっと見つめていてくれたのでした。
「どうしたの」
「恥ずかしいいー」
こちらも負けじとw、そのままブラジャーを外すと、それはそれは形の良いオ○パイが姿をあらましました。プクッとしたピンク色のチ○ビが更に魅力を掻き立てています。
「へっへ」スベスベの白い肌に手を這わせ、吸い寄せられるように唇を近づけます。
チュバッ「あん、ああんっ」ビクリと体を震わせて反応してくれます。どうやらかなり敏感体質なようです。

ぐっとチ○ビにむしゃぶりつきたくなるのを我慢して、先にパンティに手を掛けます。そろそろと下げてゆくと、ツルツルのアソコが目にまぶしいです。体を下げて、脚をM字開脚させて見下ろします。
「もおー」
視線を感じて手で覆い隠そうとしますが、優しく取り除けます。まずは指先で押しひろげると、目に鮮やかな粘膜が飛び込んできたのでした。もう吹っ切れて我慢が利きません。たまらずに舌で愛してしまいました。

「ううううっ、ああああ」
体をビクッとさせて声を上げます。それに欲情してますます舌先を侵入させ、指先ではク○を刺激します。

「んんーーー、くすぐったいいい」
そんな反応が楽しく、ちょっと意地悪かなあと思いながらも責め続けてしまいました。私も息子をなだめてもらいたくなりww、さっとパンツを脱ぎ体を回転させて下心満々でそそり立った息子を顔の位置にもってゆきます。すると、●●さんはそのままお口に含んでくれました。それはゆったりとした舌使いでしたが、柔らかくて暖かくとても心地よいものでした。
責める手を休め、思わず「ああ、気持ちいい」そんな声が漏れてしまいました。

そろそろかなあと、「じゃあ、しよう」そう申し出ると、彼女がSをセットしてくれました。彼女を仰向けにすると、正○位で挑みました。
「いい、行くよ」
目を見つめてこくりとうなずいてくれます。彼女のアソコは、自らの潤いと私の唾液とでグチョグチョになっています。そこへ先端を当てて、一気に押し込みます。

「あううう」
鼻にかかった声が漏れ、体をビクッと震わせました。ちょっと心配になって動きを止めると、ウルウルした目つきで軽く首を振り、辞めないでと無言のおねだりです。負担にならないよう、ゆっくり腰を動かすと、

「はあっはああっ」
と、ますます大きな声が上がります。堪らず彼女の体を抱きしめると、柔らかい彼女の体に包み込まれます。
大きく体を反らせ、深々とつながると、

「そっ、そこ。当たってる」
ブルブルっと、ひときわ体を震わせ、ちょっとグッタリしてしまいました。どうやら本気でイッちゃったようです。
少し落ち着いてから、こんどはバ○クでさせてもらいましたが、これはあまり得意でないようなので、やはり安定の正○位に戻ります。

「ああ~、あああっん」
心の底から絞り出すような●●さんのアノ声を耳にして、もう私も一杯一杯です。最後はやはりしっかりと抱きしめ、おもいっきりキスをしました。柔らかい彼女の唇と舌が絡み合い、最高のフィニッシュを迎えることができました。

しばらくつながったまま動くことができませんでした。彼女も力が抜けてしまったようになっています。
「大丈夫?」
心配になって声を掛けると、お目目が気持ちウルウルしているような気がしました。少し頷いて、また●●さんから抱き着いてきたのでした。

やっと体を離してゴロンとすると、よろよろと起き上がってバスタオルを掛けてくれました。なにかと気を遣ってくれる彼女に、
「いいよいいよ、こちらへおいで」と招きよせ、腕を投げ出すとそこに腕枕してきてくれます。そしてしばしのピロトーク。実にあっけらかんと、元々のお仕事の事などをにこやかに話してくれました。
こんなスタイルのよい美女と、一汗かいた爽快な気分でのおしゃべりは、それはそれは良い心地でした。むしろエ○チよりも印象に残ってるかもですwww

110分コースですが、気が付くと残り時間も少なくなっていました。もう一回してできない事もないかなあと思いましたが、せっかくの高級店で慌ただしい思いをしたくなかったので、「じゃあ、お風呂に入ろうか」と誘いました。
既に湯がたまっていたので、●●さんが泡の入浴剤を入れて、一緒に入ってきてくれました。ここでも向かい合わせになっておしゃべりの続きです。これまた非日常の世界にうっとりします。

やがて体を洗ってもらって、隅々まで拭いてもらうともう時間が迫ってきました。高級店では、10分前にコールが鳴ったりしないのですね?
衣服を出してもらい、おしゃべりの続きを楽しみながらゆっくりと着衣しました。

「お忘れ物ないですか」
その言葉で我に返りました。名刺をもらって彼女がフロントにコールしてから、手を引かれて部屋を出ました。
階段まで手を引かれて、一番下の段まで見送ってくれました。男子店員の目もあるのに、笑顔で目一杯手を振ってくれた姿が目に焼きつきました。

先程と別の部屋に通され、ふたたびおしぼりが出てきました。
「今日はいかがでしたか」そう店員に聞かれましたが、あまり口頭で言われる事もないのでちょっと緊張しながらも、とても楽しめたと伝えました。
アルバムを見せてもらいながら少し休んでいると、「お車のご用意ができました」と声が掛かり、また店員総出で見送られたのでした。


彼女の魅力は何と言っても飾らない素のままの美しさだと思いました。店のプロフィール写真や写メ日記では心もち緊張しているように写っていますが、実際に会ってみるとふんわりと柔らかい印象を受けました。

少しだけこのお仕事の経験があるかもですが、全然そんな感じはしませんでした。それ以前に、ここはソープかと忘れさせるような、穏やかで包み込まれるような感覚に襲われました。
遊び方は人によってそれぞれですが、ベテランになにもかもお任せでというタイプの人ならばとにかく、優しく手取り足取り教えてあげるのが好きな方でしたらとても楽しめる方です。特にあのクリッとした瞳の魅力には、誰だって取りつかれちゃうと思いますよ!www


このお店の良いところ
高級店ならではの、スタイル良しのカワイコちゃんが即即プレイ!夢のようなひと時でした。そして豪華な室内、丁寧な店員もさすが、と思わせられました。やっぱり男だったら一度は高級店行ってみるものですね。なんだか一皮むけたような気分になりました。あっ、いやっ、一度と言わずまた行きたくなったらどうしようwww
未知なる高級店でしたが、このクオリティでしたら次回、安心して入浴料無料券を利用させていただきたいと思います。というのも、アルバムに気になる姫が何人もいてwww

情報局での評判を見聞きしていなければ行かなかったかもしれない店ですので、定治さんや諸先輩のレポートに感謝です!



定治チェック
常連投稿者オックスさん、いつもありがとうございます!

今回は…なんとも優雅で…美味な体験なんでしょ(笑)これぞ高級店!といったところでしょうか?
確かに高級店は…敷居が高いイメージがありますが、しかしその価値は大いにある!
とくにコルドンブルーさんは、私めをはじめ、このコーナーでもみんさん絶賛しておりますから!
一度は体験したいところであります!

そして姫のレベルも、もちろん高い!初・高級店でしたが、なんだかいつも以上にオックスさんは優雅にリラックスしながら楽しんでいた印象です!
それだけ姫との相性も良かったんでしょうねぇ!

これは…またイっちゃいますね(笑)いいじゃないっすか!そのぶんお仕事頑張りましょう!そしてまた最高の体験をして、またお仕事を頑張る!この繰り返しです!
もちろん高級店・第二弾もお待ちしておりますので、今後ともよろしくお願いします!

※2017年3月現在、残念ながら退店いたしましたので名前を伏せさせていただきます。

45ポイント進呈